2013-06-23

超可動 阪本さん制作記 その1

というわけで、ツイッターではいつもおとなしく座って食べられたり殺られたりの阪本さんだったりする今日このごろ、阪本さんだって超可動ボディ手に入れて反撃するぜ!

喰らえ!しょーりゅーけん!

これはとりあえずリボルテック・クロ のボディ借りてみた(^^;)
コレでもいいんだけど、せっかくだから全部フルスクラッチで作ってみるか!
(フルスクラッチ言いたいだけなんちゃうんかと)


作り方は色いろあるですが、以前私は小麦ねんど使ってたんですな。
混ぜあわせて色作れるし、無害ですし。
ただコンディションが難しくて、水分ちょっと飛んじゃうとヒビが入りやすくなって加工しづらかったり。
完全に乾燥すると衝撃にもろかったり。


というわけで、今回はスカルピーっていう樹脂粘土を使うことに。
これは作り終わった後でオーブンで焼くと硬くなってくれるというすぐれもの。
フィギュアの原形とかもこれで作られてるぽいです。

パッケージの紙の箱開くといきなり本体が鎮座(^^;)全く包装されてねぇ
というところからも、何もしなくても常温なら保存性は良さそうなかんじ(^^;)

硬さは冷蔵バターより少し柔らかい。手でこねてると体温でより柔らかく。
油粘土と感触似てるかなぁ

コレを粘土へらで適当に切りだしてコネコネ


コネコネコネコネ30分


でけた!(途中はしょリ杉w)
超可動と言いながらVer1.0は手足棒で。
とにかく、わからないことだらけなんで、とりあえず作ってみる方向で参る!

関節はリボルテックの手首で使われてる一番ちっさいリボジョイント6個でつなぐ予定です。
Ver1.0で付け根の関節、Ver2.0で肘とか膝の関節入れてみようと思います。
(予定は未定ですがが)





と、実は作業はここでストップ!
というのも、電気オーブン買わないと次進めないんです...('A`)
場合によっては焼いてる時に有毒ガスが出ることもあるということで、食べ物用のオーブンとは兼用NGだそうです!

スカルピーの焼付けは130度で15分くらいということなので、電気オーブンは、タイマー+温度設定 ができるものがヨイといのこと。私はこのへんを購入する予定。
山善(YAMAZEN) オーブントースター1000W(温度調節付) ホワイト YTM-1000(W)
山善(YAMAZEN) オーブントースター1000W(温度調節付) ホワイト YTM-1000(W)
販売元:山善
Amazon価格: ¥ 2,936 通常配送無料


そんなに高いものじゃないけど、今月のお小遣いは既に底をついたので('A`)
25日過ぎにポチって届いたら作業続行です。。。


※2013/06/26 22:45追記
kasakasaさんのコメントで知ったのですが、オーブンはタイムセール時にもう少し安いものがあるようです。
  ↓



  





ポチッとしていただけると、更新エネルギー充填120%です!
   ↓
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村



2 件のコメント:

  1. Amazonのタイムセールで温度調整の出来るオーブンが山善のより少し安い額で出てますよ
    www.amazon.co.jp/gp/product/B008JNMXH8/

    返信削除
  2. kasakasaさん、こんばんは!情報ありがとうございます!
    私の方は昼間ポチってしまってすでに発送されてしまいました(^^;)残念
    記事の方は追加で紹介しておきたいと思います!

    返信削除